総合企画部

会社を様々な角度から支えるプロチーム。
経理、総務、人事、広報、事業企画・運営等、
各部門ごとに幅広い業務を行います。

01

経理・総務部門

経理・総務部門の仕事風景

経理・総務部門は、請求から支払、資金繰りに関する業務全てにおいて実務の他、従業員の雇用に関する業務を任せられます。売上伝票、納品書の管理、請求書の作成、売掛金回収管理、買掛金支払手続き等の他、最終的には資金繰りまで、経理に関連する内容を幅広く把握する能力や、社会保険の手続き、各種保険の知識等を必要とします。財務内容を把握すること、仕分けについて知る必要があるため、簿記関連資格の取得をお勧めしています。
広報・人事部門は、会社を広く周知する方法や、新卒、中途問わず年間を通して人材を確保するために採用活動を行います。人材戦略は今後の会社存続、ひいては日本社会において最も重要なセクターと考え、社会に向けた広報活動としての役割をも担っていきます。
事業企画は、今後の会社の運営に関わる方針や、新規事業参入計画の立案のほか、M&Aや事業展開の方針も考案します。
新入社員として業務部で新入社員研修を受け、基本的な知識、ノウハウを取得。その後、総合企画部へ配属となり「総務・経理課」、「広報・人事課」、「事業企画・運営課」の各課のスペシャリストを目指します。いずれの部署も本人の習熟度を見ながら徐々に担当業務を増やしていきます。

02

業務部門

業務部門の仕事風景

売上から仕入に関する業務全てにおいての実務を行います。
来店客対応、売上伝票の起票、仕入納品書の管理、起票、仕入商材の売上伝票との整合性のチェックまで幅広く業務をこなす必要があります。新入社員として業務部で新入社員研修を受け、売上伝票の起票業務から担当します。本人の習熟度を見ながら徐々に仕入伝票起票や納品書管理、仕入買掛金の締切、支払準備を行うまでになります。
様々な業務を担当するスペシャリストでもある業務部門の担当者は、素早い手さばきや頭の回転が重要。また、来店されたお客様の対応も行うため、基本となる商品知識も必要です。