営業開発部

新プロジェクトの参加等、会社の未来に関わる重要な仕事。
既存ルートを拡充しつつ、新規顧客の開発も行う幅広い部門です。

01

新規事業営業

新規事業営業の仕事風景

自社で扱う商材以外の商材を販売する際に、該当資材やその周辺知識の蓄積に特化し、販売先を開拓していく仕事です。新入社員から基礎知識の蓄積のため新入社員研修は同様のものを受けますが、それ以降はその都度必要知識の蓄積を行い、新規商材販路確保の活動を行います。
新規開拓として建築会社、設備会社、また直接事業者や設計事務所へ新商材をPRし受注に繋げます。幅広い知識と業種分析、発想力が必要となるため、各種情報誌、専門誌の購読、取引先からの情報収集が重要です。また、図面を読み取る能力も必要となる為CAD図面に関連する能力開発を推奨しています。
既存ルートが存在しないため、情報収集→アプローチ方法の発想→行動のプロセスを繰り返しながら新たなルートを作り上げていきます。常に挑戦し、企画提案をしていく。新規事業営業は、会社の未来に関わる重要な仕事です。

02

スペック営業

スペック営業の仕事風景

新入社員から基礎知識の蓄積のため新入社員研修は同様のものを受けますが、それ以降はその都度必要知識の蓄積を行い、複数商材の比較分析、プロジェクト毎の必要商材の知識蓄積の訓練を行います。
プロジェクトは公共工事、民間と様々。工事の設計段階から入り、自社商材とプロジェクトを紐付け、自社商材を提案していきます。商材の比較分析、プロジェクト毎に必要商材の知識を身につけていきます。最終的には、プロジェクト担当者や責任者と対等以上に会話できる専門的な知識を持ち、そのプロジェクトに使用する資材のアドバイスを行い、導入のイニシアティブを掌握していける人材に。
図面を読み取る能力も必要となるため、設計に関する能力開発を推奨しています。また、今後の業界の流れを読み関連資材を想像する発想力を身につけていくことを期待しています。