営業部

会社の業務の中心的な役割を果たします。
顧客との信頼関係を築き受注に繋げていきます。

01

土木営業

土木営業の仕事風景

土木関連物件に特化した知識と営業能力を有する営業です。
新入社員研修を経て、一通りの営業を行っていきます。取引先訪問、現場訪問のルート営業を中心に物件受注。見積書の作成、案件確定。その後のフォローまで行える様になった時点で独り立ち。
土木営業に特化する道を選択後は、土木関連企業の担当を任せられ土木商材の知識習得を行います。メーカーの勉強会や資格取得などにより、土木関連の専門性を高めていきます。
具体的な仕事内容は、事業者に対して直接的なアプローチを行うため現場へ出向いたり、会社実権者と面談するため会社へ出向いたりします。土木建築専門新聞やインターネットを利用し受注情報を取得し、顧客へ物件受注のアプローチを行います。また、案件受注のプロセスとして、仕入先、資材メーカーとの使用資材の相談、その価格交渉等を行い、受注の確度を向上させます。

02

設備営業

設備営業の仕事風景

マンション、アパート、一戸建ての配管資材や設備機器に特化した知識と営業能力が求められます。設備営業に特化する道を選択後は、設備関連企業の担当を任せられ設備関連資材の知識習得を行っていきます。仕入先、資材メーカーとの使用資材の相談、その価格交渉等を行い、受注の確度を向上させます。
具体的な仕事内容は、設備事業者に対するルート営業を中心に蓄積した情報から使用商材のアドバイスや提案を行い、受注量増加に繋げていきます。現場からの信頼確保にはスピード感が重要視されるため、各顧客の要望を瞬時に判断し商品発注に繋げる頭の回転や行動力が必要です。
また土木営業同様、案件受注のプロセスとして、仕入先、資材メーカーとの使用資材の相談、その価格交渉等を行い、受注の確度を向上させていきます。

03

営業支援

営業支援の仕事風景

営業をバックアップし会社の成長を支える。 それが、営業支援の仕事です。営業フォローを行うため、幅広い知識が必要です。事務系の職種と思われがちですが、 仕事内容は多岐にわたります。
顧客対応等で対応不能な担当営業の代わりに迅速に対応します。
そのため各営業プロと同等程度の知識蓄積が必要となることから同様の情報取得や資格取得が望ましいです。
顧客先へ出向いて対応するということは少ないため、対人能力より知識取得能力が重要です。
具体的な仕事内容は、各営業の獲得した受注物件の見積書作成や商材の手配、電話での顧客からの問い合わせへの対応をおこないます。