ご挨拶

代表取締役社長 新田 裕司の写真

継続、創造、そしてスマイル。
3つの鍵で、未来を築きます。

私たちニッタマテリアル、旧社名で言えば新田建材の創業は、昭和48年。以来40年以上もの長きに渡って、当社は事業を継続してきました。この「継続」こそ、まずは会社が目指すべきものだと、私は考えます。

ただ利益を挙げる会社が長続きするわけではありません。取引先となるお客様やメーカー。あるいはこの場で働く社員たちや、近隣に住む方々。会社に関わる全ての人にとって「役に立つ」存在であることで、会社は初めてその存在を「ゆるされる」のではないでしょうか。

当社は給排水資材・下水道関連資材・住宅設備機器・土木建設機械など、幅広い商材を扱う建材商社として、創業以来真っ直ぐにその役割を果たし続けてきました。そして周囲の方々に、いくらかでも「役に立つ存在」として「存在をゆるされて」きました。まずはこの継続の歴史を、一生懸命に全うし続けること。これがニッタマテリアルの持つ、普遍のテーマのひとつだと考えています。

ただ、社会は劇的に変化を続けています。建材の世界においても例外ではなく、新たなニーズや商品は生まれ続けています。私たちが役に立つ存在であり続けるためには、ただ資材をお届けする機能のみならず、これまでにない「価値」が求められつつあります。

そこで私たちは「ニッタマテリアル」と社名を改めました。マテリアルとはすなわち「素材」です。構造物の材料となる資材だけではなく、その成り立ちを支えるアイデア。新たな魅力となるコンセプト。これらを含めた「素材」を、私たちは自ら創り出し、提供する存在でありたいのです。

地域を元気に。
そして笑顔を生み出す企業を目指して。

建材のプロとしてのノウハウを、さらに進んだモノづくりに活用する。広島に生まれた会社として、地域を元気にする企画を創出する。方法は様々ですが、私たちはこれからも「笑顔を生み出していく」企業として、新たな提案に取り組んでいきます。スマイルを模したユニークなロゴマークも、その想いを代弁するものです。

何かもうひと捻りが欲しい。ちょっと新しいことに挑戦したい。冴えたアイデアが欲しい。面白いことを思いついたんだが、誰かに話を聞いて欲しい。そんな時にはぜひ、ニッタマテリアルのスマイルを思い出して、お声をお掛け下さい。私たちも一緒に悩み、考え、答えを導かせて頂きます。そして一緒に笑い合うことで私たちもまた、これから先の歴史を積み重ねさせていただきたいと思います。

株式会社ニッタマテリアル
代表取締役社長 新田 裕司